On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

節目

2019年1月31日。

喫茶ラムピリカ4歳。

 

例年であれば何かしらのお祝いイベントをしていたのだけど。

今年は静かに、一人きりで喫茶店で過ごしている。

 

https://www.instagram.com/p/BtXBVSJBE35/

4周年を静かに迎えた喫茶ラムピリカの朝です。ポストに嬉しい贈り物も。

 

「今年は何やるの?」

「 31日楽しみにしてるね」

って声をかけてくれた人が何人かいた。

 

喫茶ラムピリカの社外無責任役・来世氏には早々に、「31日予定あけといてね」なんて言ってしまったりもしていた。

 

オープン時と 1周年にライブをしてくれた、大好きなギタリスト・濱口祐自さんは、記念日前日に電話で話していたら「明日記念日だよね?おめでとう。四年か〜早いなあ!」

嬉しいことに、開業日を覚えていてくれた。

 

何人もの人から「4周年おめでとう」のメッセージをいただいた。

 

ほんとうに、たくさんの人にこの4年間、関わってきてもらったんだな……

 

ほんとうに、ほんとうに、ありがとう。

ここに集ってくれた人たち、すべての人にお礼を伝えたい。

 

 

「4周年記念イベントで、みんなに感謝の気持ちを表したい。」

そうも思ったのだけど。

何か直前までにイベントのアイディアが降ってくるかなあと思って、呑気にしていたのだけど。

今年はほんとうに、なにも思い浮かばなかった。

 

31日は一日中、喫茶店のアラジンストーブの火にあたりながら、お茶を飲みながら、ひとり喫茶店を見回して、「四歳おめでとう。いつもありがとうね。」なんて呟いたりしてた。

 

なんとも言えない、一旦燃焼しきった感、とでも言うんだろうか。

派手にお祝いしなくとも、大きな節目感がある。

たくさんの人たちへの、大きな感謝の感覚も、胸にある。

 

今年は、静かにこの節目を迎えるのが、この喫茶店の『自然』みたいだ。

 

f:id:Naima_c:20190201193856j:plain

朝のラムピリカはほんとうに静か。そして光がきれい。


 

 

茶店0歳の時からラムピリカの変遷を間近で見てきた、片瀬の友人たちのメッセージが嬉しかった。

 

「なーんもない4周年もいいじゃん」

「なんもないけど、ぜんぶある」

「静かに迎える4周年。究極じゃない。すてきよ。」

「ラムピリカ、生まれてよかったね。」

「生んで、育ててくれてありがとう! 」

 

この辺りで、じんわりと。こみ上げてきた。

 

 

「こんなにワガママで カオスなラムピの近くに、今もいてくれてほんとうにありがとう」

 

伝えたら、

 

「ワガママでカオスだから、こっちもまっすぐ いられるんだよ」

 

ワガママ&カオスでい続けることには、ちゃんと役割があったらしい。

なにか言わずとも、何かしらのグッドな影響を与えられてたなら嬉しい。

 

ただ自由に楽しくやるってのにも、実はそれなりの覚悟がいるんだぜ。

とか言ってみたり(笑)

 

はあ、でもね、ただ正直に生きてきた、それだけしかできなかったけど、たった一つのそれだけが、近くで見守ってくれていた誰かに肯定されてるってほんとうにありがたい。

この時私は一人で茅ヶ崎のカフェにいたんだけど、嬉しさがこみあげすぎてやっぱり泣いてしまった。

 

 

 

 

本当にたくさんの人に出会い続けた2018年。

来世氏と組んでやってきたお父さんバンクという表現が、予想外にメディアの大きな波に乗って、かなり遠くまで届いた年でもあった。

 

f:id:Naima_c:20190202002249j:plain

お父さんバンクカフェ@埼玉。自治体の協力も得て、50人もの人が集まった。

f:id:Naima_c:20190202122048j:plain

台湾の友人から" I saw you on TV!!(テレビで貴女を見たんですけど!)"ってメッセージが送られてきて笑った(笑)

 


会ったことも見たこともない人たちから、メッセージでたくさんの反響をもらった。

  

否を唱える人もそりゃいた。

でもそんなの余裕で覆しちゃうくらいの喜びに出会えた。

 

「こんな仕組みを作ってくれて、本当にありがとう」

「未来に希望が持てました」

「応援しています、どんどん広がってほしい」

 

「こんなアイデアあるんだよ!」って発信するたびに、どんどん嬉しそうになって、どんどん輝いていく人たちの顔に、数えきれないほど出会えた。

 

 

不思議な気持ちだった。

気持ち自分の半径2mくらいしか回っていなかった視界が、ぐっと、外の世界へと伸びていった。

「遊んでるだけ」だった自分の仕事が、自己満足を超えた意味を持ち始めた。

自分の仕事が、人に与える影響のことを、改めて考えはじめた。

なんというか、一言で言うなら、私は38歳にもなってやっと初めて「大人になった」気がしたんだ。

 

「大人になりなさい」「大人として振る舞いなさい」「親として」

…と、ただ誰かから教えてもらっただけでは素直に飲み込めてなかったこと。

初めて自分から、能動的に、「大人になる私」を迎え入れ始めた。

 

私なりの「大人になる」って、

「世界に対する自分の役割を自覚する」

ってことなのかなと思った。

 

f:id:Naima_c:20190202002206j:plain

月刊誌ソトコトさんに掲載してもらった、大好きな一枚。

 

生身の私は、今でもたくさん迷うし悩むし、コケるし泣くし、パートナーにブチきれたり笑、人を疑ったり軽率だったりもする。

だけどそれでいいんだとおもう。

そのときどきで 表面に出てくるものがどうであれ、私は私の魂を信頼しているところがある。

 

魂が喜ぶことを、表現を、これからも続けていけば、多分、世界はもっといい場所になる。

漠然としてるかな。

でも、選ぶことの基準はいつも、最高にシンプルだ。

 

 

---

 

1月に、自宅で休みながら「自分サミット」なるものをひとりで開催していた。

 自分が自分と、じっくりミーティング。

 

これから、どんなことしてきたいの?

何が好きで、何が嫌なの?

どんな未来を想像する?

どんな未来を創造したい?

などなど。

 

茶店の軸、自分の軸を、今一度 言語化

 

 

未来のイメージがたくさん浮かんだ。

新しいアイデアに、イメージに、ワクワクした。

 

のと同時に……

 

実は、まだ一度も外に向けて表していない思いがひとつ、自分から出てきた。

 

 

それは、

「しばらく休業したい」

だった。

 

そもそもたいして開店もしていないのに、休業とか何言ってんじゃい、と思われるかもしれませんが……

 

 

言い訳させてもらうとね、開店以外の仕事も実は色々あるんですよ。

イベント、貸切、物販、ケータリング、HP制作などなど。

竪穴式住居なんてものも去年は作ったね。

(あとね一応、私、お母さんでもあるの。笑)

 

去年は特に、お父さんバンク。忙しかったなー。

毎月のイベント企画に、ミーティングに、取材の数々。どれも一円にもならないけどね。笑

ご察しの通りやりがいが大変なものだったので走れましたが。

 

2年ほど前に痛めて以来、超優秀センサーとなった仙骨くんが、年末ごろには

「ちょっと頑張りすぎよ」とピリピリ痛んで、警告を鳴らしはじめていた。

 

 

 

休業

or

茶店で面白い未来をどんどこクリエイト

 

 

どっちも魅力的で、どっちもやりたくて。

どちらにするかを決めかねたまま、節目を迎えてしまった。

 

ということで。

どっちもやることにします。

だはあ!😍

 

勝手ながら、2月いっぱい休業します。( もしかしたら、それ以上。)

できるだけ人に会わず情報も断って静かにしていたい。

 

待っていてくれる人、もしいてくださったら、勝手をお許しください。

 

休みが必要だと感じられる以上、絞り出すことはできない。

いただいたおやすみ分で、また最高にグッドな表現物をクリエイトしていきたい。

 

だけど本当に何もしないと喫茶店が潰れちゃう&子どもたちにご飯食べさせられなくなっちゃうので笑

レンタルスペースと、ネットショップをぽちぽち続けます。

 

 

休業を(今)決めるより先に開催決定していたイベントが2月に一件だけあって、これは絶賛応援したい&「まじ世界に広がれ!!」って思ってるやつなので、この日だけは喫茶店を開放します。

 

2月22日&23日 

MAYUCHAPAWONICAの『ココマップ』体験会&個別セッション

 

参加者の皆さんの「自分発見の大冒険!」を応援するべく、心身が喜びゆるむご飯やパンケーキを作ります🥞✨

 

---

 

さて、休業の後に、やりたいこと。

こちらについても。

 

\ 喫茶店で、面白い未来をどんどこクリエイト! /

 

実はちょっと前から温めてきたNEWアイデアがある。自分サミットを経て、ブラッシュアップされて具体化してきた。

春から始動したいと思ってる。

 

世界に、超フィーリングッド💫が増える予感をはらんだアイデア

ラムピリカの 4年間の実験、アンド「自分を満たすところから生まれる循環」からヒントを得た、最高にグッドなアイデアだと思ってる。

たくさんの人に参加してもらいたい。

 

 

 

って、一回ここに、そのアイデアの内容を書いたんですが、 とんでもない文量になってきちゃったので、また別のブログに、後日まとめて書かせてもらいますね。

 

お楽しみに☺️

 

f:id:Naima_c:20190203114250j:plain

Just a cup of coffee may change your world