On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

日々の出来事の多さ

に、驚く。

 

 

 

 

 

 7月28日

竪穴式住居試作品作り@エディブルパーク茅ヶ崎

f:id:Naima_c:20180802210259j:image

 

小学校教員をしていた時に、6年生120人と一緒に、縄文時代の竪穴式住居を作ったことがある。

 

何が起きたっておかしくないこの世界で、一度でも『自分の手で家を作ったことがある』

この体験を子供たちがするっていうのは、多分、とんでもないことだ。『生きる力』身についちゃうやつだろう、と。

単純にそう思い、周りの先生たちの反対を押し切り、可能な限り本物に近いものをと、建築に対しても縄文に対してもズブの素人だったけど、本気で作った。

 

本当に良い体験だった。

 

 

その時の話をFacebookでしてみた。

「誰か作ってみたい人いる?」

そう問うてみたら、まっさきに手を挙げてくれたのがさちこさんだった。

 

ご自身が通っているシェア農園で作れそうだと教えてくれた。 

そこに集うお仲間さん達も、楽しいこと、ワクワクすることが大好きな大人たち。

まずは試作品作りをと、葉山の星山に材料の竹を刈り取りに行き、28日にはついに作業がスタートした。

 

f:id:Naima_c:20180802210429j:image


f:id:Naima_c:20180802210402j:image

 

 

一応元教員なんですが、指導や段取りが苦手な私。の、指示をまたずに次の作業をどんどん、意欲的に見つけてくれるみなさんのおかげで、何週間もかけて6年生と作った竪穴と骨組みが、ものの3時間で出来上がってしまった。

(みずすずは、いっこも手伝わずに虫取りしてた笑) 

 

『大人たちが本気で遊ぶと、やばい(笑)』

それを目の当たりにした一日。

 

f:id:Naima_c:20180802210416j:image

 

後は、束ねた稲藁で周囲を囲えば完成だ。

(藁や不要な畳など、あったらご連絡ください。たくさんあればあるほど上質な住居が出来上がりますので、引き取りに伺います!)

 

 

作業の始まりから終わりまで、本当にきれいな光が農園をずっと包んでいた。

f:id:Naima_c:20180802210027j:image

 

 

 

7月29日

フォトグラファーのちーちゃんこと、Chiaki Toyozumiにお誘いをいただく。

 

イベントなんかで会うのはよくあるけれど、 2人きりでゆっくり会うのは1年ぶりくらい。

 

横浜市保土ヶ谷区にある café55 まで車を走らせる。

愛想笑いのできない店主さん。

だけど料理には(だからこそ料理には) 愛だけが詰まってる。そんな凄いお店。

 

サラダからパスタからデザートまで。

たのしみながら、話しながら過ごす3時間はあっという間に過ぎた。

 

ちいちゃんの凄さは、圧倒的な肯定力。

その人の持ってるよいところを、みんなみんな引き出して、曇りのない言葉でみーんな表してしまう。

だから、話していると、赤面したり、このまま前を向いていようと思えたり。

 

きれいごとじゃなく、本気で人の幸せを願うことができる。

こういう人間が、ちゃんと世界にはいるんだな。

ほんとうに世界は、全然捨てたもんじゃないな。

そう思わせてくれるちいちゃんの存在に感謝だ。

 

f:id:Naima_c:20180802204432j:image

ちいちゃんが撮ってくれた写真。

 

 

 

 

 7月30日

うさとジャパン・ミーティング@京都

 

朝、始発の次、くらいの電車に乗って、新幹線に飛び乗って弾丸京都へ。

 

噂通りの大変な猛暑。

だけどなんだろう、東京のような嫌な暑さではなかった。

碁盤の目の道路のおかげなのだろうか、美しい町並みを歩いていると、いつも新しい風が通る。東京のビル風とは全然違う質の、爽やかな夏そのものの風。

 

 

ミーティングでは、全国から100人近く、うさとのコーディネーターをしている人たちが集う。活動報告や、業務成績のようなものを発表してもらう。

 

かつて企業で働いていたことがある。

だから、久しぶりの企業でのミーティングだ。

だけど普通の企業と全然違う。

無理のない自然な笑顔と、「本当によいものだけを、ほんとうの心地よさを、1つでも多く、そして丁寧に、たくさんのひとへ」と。

まっすぐな信念と愛を持って集っている人たち。

 

こういう企業が増えたらいいなとおもう。「好き」が一番先で動いてる活動は、企業でも企画でもイベントでも団体でもなんでも、どんなものでも最強。

大好きなうさとのお洋服を、お客さん一人一人に手渡していくお仕事。ぴったりの出逢いを見つけるお仕事。これまで以上に丁寧に、そして前のめりに、手伝っていけたらなと思った。

f:id:Naima_c:20180802204521j:image

 

  

 

 

 8月1日

ツダユキコライブ&ワークショップ

『チャクラを整える倍音の調べと星の唄』

 

音叉を使ったヒーリング。

倍音声明。7つあるチャクラの一つ一つから順番に音を出して、自らの声で自らを整えるヒーリング。

その二つを教わった。

 

f:id:Naima_c:20180802211436j:image

 

そしてライブでは、これまで何度も自分を、自分の真ん中に引き戻してきてくれた唄たちを、ユキコさんが魂こめて唄う。

 

 

イベントが終わり、ラムピリカを整えてから帰宅。自宅でシャワーを浴びていたら突然咳き込み、喉の奥から、妙な塊が飛び出した。

ため込んでいたものが、全部出たのかなと思った。とてもすっきりとして眠りについた。

 

 

そして次の日の朝、久しぶりに自分の唄を録音した。

その後すぐに聴いてみたら、私史上、最高の録音になっていたことに気がついた。

少しだけ恐れながらも、近いうちに公開してみたいと思った。

 

 

作ったり、遊んだり、触れたり、走ったり、交わったり。

日々、たくさんの動きの中で、いつの間にかぶれてしまった自分を、真ん中に戻す方法は、どうやら世界にたくさんある。

神様は自分だと、思い出させてくれる方法は、どうやら世界にたくさんある。

その中でも特に、私は唄を唄うことと、身体を動かすこと。

それが大好きなんだなと。

本当にありがたいことだなと、そう感じる日々だ。

 

f:id:Naima_c:20180802211513j:image

 

 

そして明日は、喫茶ラムピリカ開店日。

 

最初は自分を喜ばせるために作ったメニュー。

それを1口食べたお客さんが、顔を輝かせて、感嘆の音色ので、美味しい!って言ってくれる瞬間が最高に好きだ。

 

 

こうやって書き連ねてみると、本当に活動が多い。楽しいからできちゃうけど、身体は案外疲れているかもしれない。来週は、しっかり時間とって、どっぷり休んで、温泉にでも行きたいな。