On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

表現しよう。動こう。さすれば全ては解決する。

(Facebookから転載)

 

あと1時間ちょっとで師走ですね。

昨日ビール二杯飲んだら、まさかの超強力二日酔いがきた。。
今もあだまいだい…😭

布団で唸りつつ、心は元気なので、ぽちぽちとここのところ思うあれこれを。

(画像は三日くらい前にみずきに隠し撮りされたもの)

f:id:Naima_c:20171227042423j:image

----

『表現しよう。動こう。さすれば全ては解決する。』

 

最近満を持してお父さんバンクと言う仕組みをリリースした。

http://otosan-bank.com

簡単に言うのなら、世の中にはきっと自分の得意技や時間やお金を持て余している独身の大人がたくさんいるから、その人たちとシングルマザー(労力も時間もお金も割とかつかつ気味?)をふわっとポップに結びつけちゃおうという仕組み。

私自身がシングルで、喫茶店に集まってくれる人や元旦那さん、それに両親など、血縁関係あるないによらず本当にたくさんの人に助けてもらって子育てしているなあと、そして案外一人一人の得意な分野でそれぞれ助けてもらってるなあと気づき、そこが発想の着火点になった。

「お父さん100人いたら何しちゃう?!」

この言葉を口に出して言ってみたときの無敵感、やばいな!笑
と思った。

お父さんバンク、出発地点としては『シングルマザー×お父さん』でスタートしているけれど、既婚者の人がヘルプをお願いしてもいいと思うし、既婚者も独身者も女性でも子どもでも誰でも、「お父さんしたい」と思ったらみんな自分の得意分野で「お父さん」になっていいと思う。要するに、自分の得意技を誰かのために使ったらいいと思う。「喜び合いの世界観」を体感できたらいいなと思う。

家族の境界線を越えて、役割や義務や責任の枷を外して、誰もがもっと気軽に、自らの意思で自由に人とのつながりを作りに行ける。人の優しさを体感できる。そんな世界になったら。

そんなことをイメージしてみると、なんだか未来には希望しか見えて来ませんか…?

ーーー

さて、ここからは長めの余談になりますが、お父さんバンクを作ったことで私自身に起きた変化を書かせてもらいますね。

お父さんバンクを作ってから、いろいろな変化があったのだけど、特に面白かったのが私の中で「実のお父さん」に対する感じ方が変わってきたこと。

父のこと、昔から本当に苦手で、というか今も多分苦手なんだけど(全然会ってないから忘れてる&わからない)あとは何か、「全然家庭を顧みない人」みたいなイメージを持ちがちだったのだけど、最近父に対して不思議と感謝の気持ちが湧き上がってくるようになった。父は父なりに精一杯、父なりの信念を持って家族を守って愛を注いでくれていたんだなと、最近素直に感じるのだ。

お父さんバンクを作ったあたりからは如実にその思いが強くなって、ついには父や母を産み育ててくれた人たち、命をつないでくれたご先祖様に感謝したい気持ちまで湧いてきてしまって、来月、人生初自分の意思で御墓参りをします。さらに、「電話がかかってくると取らないのがデフォルト」なくらいには苦手なはずだった父母を、自ら御墓参りデートに誘ってしまった。これも、人生初。笑

いやー、人生、何が起こるかわかりませんね。
自分って、人間って、いくらでも変わるもんですね。おもろい。

以前は父親に言いたいことを言う時、恐怖で震えてた。
本音を言ったらものすごい怒られるとか、拒絶されるとか、怖くて怖くて仕方なかった。

だけど、なんだろう。血縁関係にある家族の外にも自分を開いて、安心できる居場所をたくさん作ることができたからなのかな。最近は多少震えながらでも、思っていることを父親に伝えられるようになった。

そして、素直に伝えれば、案外ちゃんと父親は話を聞いてくれるし、こちらの気持ちを理解しようとしてくれるなという体験をしてる。

これも人生初なんだけど、先日父にLINEで

「おとーさま!年末年始、みずすずと長期旅行に行きたいからお小遣いをください!!」

と思い切ってお願いしてみた笑。

何かと実家の家計が大変なことは聞いていたし、昔は超こわいお父さんだったので、怒られるかな、、、と怯えつつ。

結果は、

「う〜ん、無理だなあ」

と素直で可愛いお返事が。笑

いつかみずすずも一緒に、みんなで旅行に行きたいねと続いて、断られてるのに、嬉しさでちょっと泣いた。笑

ーー

お父さんバンクやラムピリカでの活動を通して、家族の広がりの可能性を目の当たりにしてきたここ数ヶ月。
血縁家族の外の人たちに、人とのつながりに対する安心感を与えてもらった。
おかしな図式かもしれないけど、その安心感を持って、再び実の家族とのつながりを信頼し直すことができた。

そんな感じかな。

お父さんバンクもラムピリカも、そしてそこに集う人たちにも、最高に、感謝。生きていてよかった、ほんと。こんなに素晴らしい光景にまた出会えるなんてね。

ーー

結婚しない人が増えてると最近よく聞く。離婚率も高い。
それって、結婚に対する魅力やメリットがそれだけ薄れてきてるってことだと思う。もしくは結婚のハードルが高すぎるのか。

私もかつては結婚していた時期があるから思うのだけど、既存の結婚体制だと、1人のお父さん、もしくは1人のお母さんが背負うものの多さが半端なくないか?ということを時々思う。家族に優しくしたくても、たくさん与えたくても、余裕がなきゃ、余剰分がなきゃ、すり減らすことでしか与えられなくなってしまうのでは?

結婚するって、要するに家族を作るってことだと思うのだけど、1つの家族を家庭内のメンバーだけでなんとかしようとしすぎるから大変になるんじゃないのかな、と。

みんなが必死で老後の心配とか貯蓄のこととか世間の目とか気にしなきゃいけない社会って、たぶん、いろいろ貧しい気がする。たとえ有り余るほどのお金を持っていたとしても。
そしてその類の貧しさは、家族の枠さえ軽々飛び越えてしまえば案外解決する、なんてことが圧倒的に多いんじゃないかなと思う。

社会を変えようとするよりも先に出来ること。それは、今目の前にいる人に向かって自分を開くこと。そうすれば嫌われたりすることもあるけれど、真っ直ぐなつながりだってきっと生まれる。

『表現しよう。動こう。さすれば全ては解決する。』

冒頭になんでこのタイトル書いたのか。結局あまり説明しないまま終わりますが、まあでもそういうことかなと。絡まった糸を解くには、動こう。表現しよう。そうすれば世界が動く。自分の望む方へと動く。最終的には、きっと望む世界が待っている。
そんなことが言いたかったのかな。

そんなこんなで、千秋、世界が最近面白いです。

 

 

f:id:Naima_c:20171227041926j:image
がるるるるるるる!!!!(菜食)