On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

まずは自分を救おう

ほんのつい先ほど。今朝起こったばかりの出来事。

 

 

一昨日、知人が長野県で丁寧に育てた無農薬の美味しい白米が届いた。

それを今朝ほかほかに炊き上げて、熟成黒味噌で作ったお味噌汁。具は豆腐ともやしと麻の実。

おかずは明太子、キュウリの漬物、鰹節と醤油だしで煮込んで味の染み込んだ大根。

それにバナナ、キウィ、みかん、カカオパウダー、麻の実ナッツ、ヨーグルト、メープルシロップ、湖塩を混ぜて作ったスムージー。

 

この朝ごはんを、学校に行く支度をしている娘たち二人に用意している間私は思った。

「なんて美味しそうな朝ごはんなんだ…✨パーフェクトだ!」

「こんな美味しい朝ごはんを二人に用意できる。幸せ…!」

 

そう思いながらホクホクの笑顔になりながらテーブルにサーブする。

 

朝ごはんできたよ〜😄

あったかいうちに食べなさ〜い😄😄

 

娘たち 「はーい💖💖」

 

 

幸せな光景だった。

多分娘たちも美味しそうだと思ったのだろう。

いつもはサーブしてもしばらく放置されてる朝ごはんなのに、今朝はすぐに「いただきまーす!」食事が始まった。

 

 

だがその2分後、事態は一変する。

私の中でだけ急変する。

なぜかイライラする。イライラがだんだんエスカレートする。止まらなくなる。

口調がきつくなり、娘たちがやり忘れた朝の支度を指摘したくなる。娘たちの食事マナーにうるさくなる。

 

うわなんか今すごい嫌な感じだな私。

どうした私、何この突然のイライラ。

さっきまでの幸せふわふわモード一瞬で消え去ったけど…?

 

なんだろ。なんだろ。

 

探っていたらですね。

ハッとした。自分の本音をあっさり見つけた。イライラの原因がすぐにわかった。

 

ほんと、これ言っちゃうとか恥ずかしすぎて躊躇われすぎるんですが、、、

 

でもあえて言うなら!

ああああ!

 

 

 

 

 

「私もその美味しそうな朝ごはん食べたかった!✨🍚✨」

 

 

 

 

 

 

でした。

 

 

ああああああ

 

 

馬鹿すぎるううう

 

 

 

はい。

だって、ヘルシーとおいしーとほかほかと喉ごしよしの冷え冷え(スムージー)とが見事なバランスで用意できたわけですよ。

それを二人分作ったわけですよ。(私は普段朝ごはん食べないから)

それで大満足。なわけがなかったんですよ。

だって超理想的で、美味しそうな朝ごはん…✨

私も食べてみたい!😭

普段は食べない朝ごはんも、これなら食べたい!

というか身体がもう欲してるよね!完全に!さっきから娘たちのご飯凝視してるし!(恥)

 

 

ということで。やっと「どうやら私も食べたいらしい」ということに気づけたので、そこからは娘たちの一挙手一投足にケチつけるダサくてうざい暇人はやめにしまして。

すぐ台所に向かい、自分のためだけに粛々と炊きたてご飯を盛り、熱々の味噌汁を腕に盛り、スムージを一人分追加で作り、テーブルに丁寧に並べて、朝日の当たる窓辺で静かにいただきました。

 

 

嗚呼…✨

 

至福。

 

 

 

 

「お母さんは今朝はなぜだか機嫌が悪い。」

 

と判断した(であろう)娘たち、行ってきま〜す…  と静かに玄関から出て行く。

美味しい朝ごはんにありつけて再びほくほくになった私

 

「いってらっしゃ〜い💖😄💖」

 

 「?!」

 

 

---

 

生き方について幸せについて書かれた本からでも、日常の些細な出来事からでも、自分の幼稚さからでもなんでも、何度でも思い知る。

誰かの幸せを望む。このこと自体は素晴らしい。

だけどそれよりも、その前にやることあったじゃろ!

溺れてる人を助けるには、まずは自分の安全を確保してから!

誰かのグラスを満たせるのは自分のグラスが満たされてる人だけ!

自分に優しくできない人が他人に優しくできるわけねーだろ!

 

 

 

「まずは、

     

     自分を、

 

         救えし…!!!!!」

 

 

(今世通算5億回目)

 

 

\(^o^)/

 

 

---

 

"Humor is future."