On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

何度傷ついても、何度でも洗い流して、前を見て

生きていると本当にいろんなことが起こる。

いいことも、いいとは思えないようなことも。

 

何度でも何度でも、信頼の方向へ。愛のある方向へ。笑える方向へ。

舵を切るのは私。いつだって。

 

人間の感情は複雑そうに見えて、本当に大きく分けると二つしかないのだと聞いた。

愛から溢れたものなのか、恐れをもとにしたものなのか。そのどちらかなのだと。

 

何か選択をするときに、私は自分に聞くようにしている。

「これ、本当に本当に、やりたいことなの?

 何か、不安とか恐れから選択しようとしてないかな?惰性とかさ。」

 

自分によくよく聞いてみると、一つの選択にはいろんな要素が含まれていることが多くて、

ワクワクや心からの「やりたい!」だけじゃない、やっぱり恐れとか不安なんかも少々混じってる、なんてことはよくある。ごまかしたってしょうがないから、とりあえずその存在は認めてあげてる。

 

その上で、さらにもう一度自分に問いかける。

 

ワクワクの方と、怖いの。

どっちのが強いの?

で、どっちのほうを見るの?わたし。

 

ワクワクの方が強いね!

ワクワクのほうを見たいね!

 

と思ったら、もう後は突き進むむだけだ。