On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

人の愛し方について

自分のことを愛していない人が他人のことも愛せるわけない

 

とか、

 

人間は 1人で立っていられるようになって初めてほんとうに人を愛することができる

 

とか、

 

執着や依存を捨てて初めて本当の意味で人を愛することができる

 

とかとか、

 

よく聞く言葉だけど、本当にそうなのかなぁと時々思う。

 

そんなに完璧に、美しく人を愛せたらいいなとは思うけど、実際にはなかなか大変。

 

 

私は自己肯定感が結構低い人間だと思う。これは素直に認めていい気がしてる。肯定感ってやつとはもう長年格闘を続けてきたから。

何度も何度も自分は自分でいいよ、って自分で一生懸命言ったり人に言い続けてもらわないと、奈落の底に落ちる速度は超早い。

 

自分のこと好きだなって思える瞬間はたくさんあるけれど、嫌いだって思ってしまう瞬間もたくさんある。

 

でも、それでも人を愛せていると思う。自分を愛せていると思う。 冒頭に書いたようなことが叶っていなくても。

 

ただ、あまりかっこいい愛し方では無いかもしれないなと思うときはある。執着とか恐れとか、捨てたいと思っていても、ひょこひょこと顔を出してしまったりする。多分、そんな時に深刻にならずに、「ただいま執着が顔を出しております!!!」とか「恐怖!恐怖のただなかなうでございます!!」明るく言えたら、ふっと力が抜けるのかもしれないな。

 

大好きな人とお別れをしてからもうすぐ1ヵ月になる。傷癒えるの早いなぁー楽勝やんとか思ってたら、今日、ふとした時に傷口が開いて、新しいタイプの痛みが自分からおえおえ出てきたものだから、今振り返ってみても「何だったんだありゃー!」ってくらい。すごく驚いている。

 

執着なんて余裕余裕、新しい未来へゴー!

とか思ってたのになぁ。おっかしいなぁ。

 

全然執着あるなぁと思った。大好きな人に、もし新しい恋人できたらとか考えると、祝福したいって思うのと同時に、わー全然だめやん無理無理無理!そんな話見たくも聞きたくもなーーーい!!!😱😱😱

ってなる自信全然ある。笑

 

思い出のひとつひとつが、贈られた言葉のひとつひとつが、珠玉すぎるんだよね…失った時の痛さといったらない。想像を絶してください。

 

でもおかげで、とんでもない人生に発展したなって思う。お陰様のますかけライフ、もともと「平凡」からはそこそこ離れたところにいた気がするけど、彼とのお付き合いを通してさらなる幸せレベルの底上げがなされてしまったんだと思う。人生にクリエイティビティ、この先目えええ一杯活かしていくしかないよねこりゃ!じゃないと生存できんしょ!って感じだ。

 

わーー!!こえええええ!!いばや…!(?)

 

 

 

タイトルから少しずれちゃった。

人の愛し方についてね。

 

自分でタイトル書いといてなんですが。

 

知るかって感じ。

 

愛し方なんて100人いたら100通り。「これが正解」なんて絶対存在しない。全員ちゃんと、愛せてる。

 

で、自信持っていい。私は愛を持っている。

下手でもなんでも、自分のことも人のことも愛してる。愛せてない時も含めて、どうせ全部愛してるんだから、ということで考えるだけ野暮です。

 

ただね、もうちょっとかっこよく愛したいなとは思う。これまで深く関わってきた人たちの顔を一人一人思い出してみると、それぞれみんなとっても素敵な愛し方してきてくれたなって思う。その愛し方。丸パクリしていい気がする。どうやって人を愛したらいいのかわからない!って思ったときには、素敵に愛された記憶を手繰ろう。

 

 

全然何にもまとまってないけれど、とにかくここまで思いつくがままに書いてみたらモヤモヤした執着心とか、悲しみとか、一旦スッキリしてしまった。爽快なり!すばらしい!

 

ちなみに1回も書き直してないよ今回! 30分位でかけた!よっしゃー!(*≧∀≦*)

 

やー、いい文章書けたな!自己大大満足!!!

 

私の一人遊びに奇跡的にお付き合いいただきました方がいらっしゃいましたら、本当にありがとうございます!

 

おわり!