読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

退院した日の夜。100年ぶりの熟睡が待っていた。

12時間以上眠ったのかな。

起き上がる時は、小学校に行った鈴がただいまと返ってくる時だった。

 

昨日の退院時はすっかり軽くなっていた私の左脚は、

なぜか今日目覚めるとすこし重くなっていて、仙骨周辺には鈍い痛み。

そうか。ゆっくり行こう。

 

松葉杖でゆっくりゆっくり、鈴、くりちゃんと、

近所の珈琲屋さんへワッフルとコーヒーをいただくために出掛ける。

 

川沿いの道を歩く

陽の光のやわらかさが、川沿いを歩く鴨が、静かな川の流れが

完全に春だ

 

テラス席で、こんなに美味しいコーヒーはいつぶりだろう

しんみりして震えていたら

ペコさん、ちえこさん、のんちゃん、しょうちゃん

いつものメンバーがやっほー、どうもーって合流する

 

ぺこさんは相変わらず音楽のことで楽しいことがたくさんあるらしくて可愛い

ちえこさんは、あらこの人恋でもしたのかしら?ってくらいきれいになっていた

子どもたちはもうただ居るだけでそれだけで宝石のような輝き方

なんだか嬉しくて幸せで

ふふふとたくさん笑ってしまった

 

湘南海岸公園駅前の、ほとんど毎日開いてる珈琲屋さん

ちゃんと話すのは初めてなのに、「ラムピリカさん?」

私のこと知っててくれて驚いたし嬉しかった

怪我して休業中ってことまで知ってた

 

ラムピリカ再開したら、開店日にお店閉めて遊びに行きます!って。

嬉しいな。ぜひ!って返す。

真面目な珈琲屋さんと、うちはなんだ?気まぐれな珈琲屋さん?w

正反対なのに、仲よくなれそうな空気感

 

退院して

まあ全快ではないからそんなに派手に動けないけど

でも嬉しいのは会いたい人には会いに行けるし

自分の好きな時に散歩に行けること

検温の時間ですよ!って看護師さんに叩き起こされないこと

 

歩けるようになったお祝いに 新しいスニーカーを買った

さっきラムピリカに届いた

すこし紫がかった綺麗な蒼のニューバランス

意味、考えたことなかったけど

「新しい均衡」か いいね

 

喫茶店に差し込んでいるやさしい春の光が嬉しい

外から「なーぁ」ってか細い猫の鳴き声

窓を開けると、ブロック塀の上

こっちを静かな眼でじっと見つめるふくよかな茶トラ

私の入院中、ラムピリカには近所の猫氏が毎日通うようになったらしい

子どもたちから話は聞いていたけど、私がご対面するのは初めて

挨拶に来てくれたのかな

しばらく静かに佇んだらブロック塀の上をゆっくり歩いて去って行った

 

 

 f:id:Naima_c:20170322160814j:image