読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

本日もリハビリ

仙骨を痛めてから早二週間が経とうとしている。

 

ここ数年、ラムピリカを中心に浮世離れて暮らしてきたわたしにとっては、総合病院で過ごす日々は逆輸入版のカルチャーショックがある。

 

 

効率主義とか、成果主義とか、こんな場所にもしっかり根付いていて、「人の大事な生命を、身体を、心を扱う場所なのになぜ…!」と歯痒い気持ちになったり、病院の嫌な面もたくさん見てきたけれど、でもそんななかでも皆、自分ができる精一杯をやりながら生きているんだなと思う。そして何より、ところどころで疑問は感じながらも、私は今完全に病院に、医療技術に助けられている。トータルで、感謝しかない。

 

わたしが病院の嫌な面に染まらなければいいだけだし、狭い中でも選択肢はいつだって自分に残されてる。(消灯前に患者全員に否応無しに飲むように渡される睡眠薬は、飲むふりしてこっそり捨ててる。)

 

そんな中でも幸運に恵まれてもいて、とても優しい看護師さんと理学療法士さんが担当になってくれたおかげで、たくさんたくさん、助けられながら入院生活を送っている。

 

 

 今日もリハビリ。

今朝調子が良くて、長時間腰掛けていられるようになったと理学療法士さんに報告したら、よしじゃあ今日は歩いてみよう!ということになった。

 

歩行用のバーに手を置きながら、真っ直ぐに立ち、そこから片脚ずつ上げたり下げたり。

まだ完全にはつま先が床から離れない。両の脚は、まだ鉛のように重たい。

それでも少しずつ可動域は広がっていった。

そしてそのまま、脚を交互に前にずらして、少しずつ進む。多分、30cm/分速って感じ。笑

 

息は上がるし、痛みで顔が赤くなるのを感じた。

それでも、全く歩けなかったところから、歩けた。3mも歩いてないけど、それでも嬉しかった。

 

一言に歩くといっても、腰をしっかり使うことと、脚全体に力を入れて動かすというコツはだいぶ掴めた気がする。

 

歩行の練習の後は、はじめて車椅子の練習もした。これは、楽しかった。駆動が腕というだけで、感覚的には自動車のハンドリングだ!と思った。自分の行きたい方向へ、するすると進んでいける感覚は久しぶりで、ちょーー嬉しい!!(〃ω〃) 大興奮してしまった。

 

リハビリルームでの練習のみならず、自分の病室に帰るまでウキウキで車椅子を運転させてもらった。

 

長時間腰掛けていられるようになったおかげで、窓の外の景色やYouTubeをみながら食事をとったり、座って落ち着いて文章を書けるようになった。今まで、リクライニング30度くらいのベッドに横たわりながら過ごしていたわたしにとってはこれは大革命だった。

 

ほんとうに、いつもの生活から見ればささやかなことだけど、かたつむりの速度の進歩かもしれないけど。

 

今のわたしにとっては、震えるほど、(気持ち)飛び上りたくなるほど嬉しいことだ。

 

こういう小さなことを少しずつでも積み重ねて。でも焦らず。先のことを考えすぎず。

 

歩けるようになる日が楽しみで仕方ない。

 

 

追記: 今日、向かいのベッドのおばあさんの私を呼ぶ時の呼び方が、「よしひろさん」から「よしちゃん」に変わったw