読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

3日目

まさかお世話になることはないだろうと思っていた総合病院にお世話になりはじめてから3日目。思うことあれこれ。

 

f:id:Naima_c:20170216114352j:image

 

・痛みを知ってる人は、大きな痛みを経験したことのある人は、ひとに優しい

 

・病院と学校は、ひとが多分ほんとうは一番大切にしたいことを、大切にしにくいところなのかもしれない。でもそのなかでもひとは精一杯生きているんだなと思う。生命が輝く瞬間はたくさんあるんだなと思う。

 

・人間味のある看護師さんが多い。人間味の死にかけてる?お医者さんが多い。

 

・「筋肉に強張りが見られる。これまで痛い思いをしてきて、自分を守ろうとしてるからこその強張りなので、仕方のないことだけど。」と理学療法士さん。

ただとにかく、リラックスして、安心してください、と言われる。はい、そだね、と思う。

 

・リラックスしていないと強張りが起きて、血管が細くなり、怪我の治りが遅くなってしまう。極力リラックスしてくださいと、友人が紹介してくれた整体師さんにも言われる。

 

・遠隔DJ新谷さんに、DNA修復やトラウマの解放などに効果がある528Hzの周波数が入った音源と、

https://www.youtube.com/watch?v=V2Z1ULhN5wY&t=2464s

 

サイババマントラがカルマを消してくれるのでよいと教えてもらい、聴く。

 

「ガヤトリー・マントラhttps://www.youtube.com/watch?v=w8HtbFugrW8

 

マントラを聴き始めた途端に、患部がずうんと重みをもって痛み出したのは衝撃だった。

ああこれは、理由はわからないけど、よく聴いたほうがいいのかもと思い、528Hzのほうと交互に聴き続けた。

何度流しても、マントラのほうは聴き始めると途端に痛みが重くなる。

でも回数をこなすごとに、不思議と相対的に痛みは軽くなっていった。

祈りの力って、すごいな…。

 

そして私は、いよいよ変わるときに来てるんだな。古い痛みを捨てて。

 

・食欲がなくてろくにご飯を食べてないのだけど、それはそれでいいデトックスだなと思う。なにか食べたいものが思い浮かんだりすることが、ありそうなものなのに、ない。(好物を目の前にした途端に喜ぶのかもしれないけど)

でもそんななかでも、ふとしたときに唯一、ほしいなと思い出すものがある。

それは、珈琲。もう飲みすぎたし淹れすぎたし、このアンサーは私にとっては実は意外だつた。

 

じっくり丁寧に淹れられた珈琲がのめたら最高だなぁ、、なんてことを思う。

珈琲を淹れるときの香りや、音や、湯気の立ち方。美しい光景。鮮明に思い出せる。

ああやっぱり私は、ほんとうに珈琲が好きなんだなあと思う。

 

 

・日光浴がきもちよすぎて、幸せすぎて、陽の光を全身に浴びている間は不思議と痛みを忘れていた。ここのベッドから、どうか移動になりませんように…。もしくは自力で動けるようになってから移動になりますように…。

 

・また歩けるようになるときが楽しみでしかたない。