On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

徹くんとの開店日

先日、2月6日、team-0の嘉向徹くんと開店した。

 

「どんな開店日がいいかな?」

事前に たくさん話をして、コンセプトやメニュー等を作り上げていった。

  

もうとにかく、思いつくがままに案を出しに出しまくるところから始まった。ボツ案が大量にうまれて、そのなかでアイデアが少しずつまとまっていく。その過程がたまらなく面白かった。

 

徹くんのいいなと思うところは、私が出した案に対して「ないな」と思ったら「ないですね」と正直に言ってくれるところだ。それに続いて私は「えーなんで?」とも「やっぱないよね」とも「じゃこういう案はどう?」などなど返すことができる。話し合いが活性する。 壊しては作る、作っては壊すの繰り返し。

 

カヤノさんが「二人がトークする内容をメニューにするのはどう?」と、ナイスなアイディアをくれた。

 

新谷ショウヘイさんという、音楽に対する素晴らしい感性の持ち主との出会いがあった。

ラムピリカで私と徹くんがイベントの打ち合わせをしている場に偶然居合わせた新谷さんが、二人の会話が音に「乗る」ような、なんとも絶妙に心地よい音楽を、ラムピリカの音響システムを使って流してくれたのだ。

 

 結果、 

 

「二人で、美しい音楽に合わせるように会話をする開店日」

 

これでいこう!となった。

新しすぎる!!興奮してしまいました。笑

 

徹くんが話してくれたイメージは、日が落ちてからのラムピリカの独特の空気感や看板の雰囲気に合わせて、「月と、夜と、魔法」

 

f:id:Naima_c:20170210161030j:image

 

徹くんの感性に感服した。2年前に私がデザインしたラムピリカの看板に新しいストーリーを生み出してもらったみたいでうれしかった。

 

イベントページの出来が素晴らしすぎて、これが完成した時点でゴールした感がすごかった。https://www.facebook.com/events/1899341230299095/?ti=icl

 

メニューを考え、値段もつけた。

ああでもないこうでもない言いながら設定していった。結果、出来上がったものはこちら。

 

f:id:Naima_c:20170210160605j:image

 

 私にとっても徹君にとっても、多大な影響を与え続けている圭吾さんについてのお話は、思い切ってお値段設定を 10,000円にしてみた。

これほど 二人にとって熱く語れるものはないだろう、ということでね。(なんと、まさねえさんがオーダーをしてくれました!)

 

後は、このイベントの重要な立役者、新谷さんについての話のオーダーが入ったのも嬉しかった。

 

後は、

近しい人と平和に暮らすアイディア

おいしい料理を食べてる時にする話

 

メニューにはないけど、

徹くんが最近禿げ上がるほど緊張した話

のオーダーもあった笑笑

 

おかわりと大盛りをオーダーしてくれた人もいた。

 

------

 

 

演出を考えるのもまた楽しかった。ちょっとだけ正装感を出して、徹くんはスーツに 蝶ネクタイ。私はきちんとワンピース。

 

f:id:Naima_c:20170210161102j:imagef:id:Naima_c:20170210161125j:image

高級ホテルのラウンジを思わせるような、ゆったりとして上品な話し方や立ち振る舞いを心がけた。

 

空間と、出演者と、音楽と、語りと。

「完成しているこの世界観がとてもいい」と、ご来店のカヤノさんが褒めてくれた。

 

 

四名のお客様のご来店があった。

お題に合わせて音楽を流して、徹くんと二人ゆっくり、話をした。というか、徹くんの語りがあまりに面白くて、わたしの話はおまけみたいなものだった。

 

音楽の調整が私には若干難しくて、やはり新谷さんはすごいなと思った。新谷さんがここにいて、 2人の話の内容に合わせて都度音楽をセレクトして、音量や曲と曲の間の間(ま)など調整してくれたら、どんなにか贅沢だろうと思ってしまった。

 

------

 

 当日、たとえお客さんが誰も来なくても、二人きりで始めてしまってもきっと楽しいねと話していた。

(だからサブタイトルが「トオルとチアキのふたりぼっち」)


飲食の準備がないから(白湯のみ)、非常にらくちん。身二つと場一つで始められる。

この軽やかさが何よりよかった。
これから先のラムピリカの開店日に、きっと大きな影響を与えるのではないかと思える位のよさがあった。

 

出演者を変更しながら、これからも時々開催していきたいなと思った。

 

徹くん、ラムピリカ史上稀に見る、とってもロマンチックでクリエイティブで、素敵な開店日を、ありがとうございました…!

 

f:id:Naima_c:20170210161850j:image