On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

10年前、5年前

‪なぜか、10年前、5年前というキーワードがたくさん出てくるここ最近。

 

これまで全速力で駆け抜けてきて、10年前、5年前に私が落としてきてしまったものを、何周か巡って廻ってきた近い場所でいま、目の当たりにしているのかもしれない。

 

それらの過去を取りもどしに行くのではなく。

いつのときも、10年前も5年前も、ほんとうは自分の中に確かにあったもの。でも、それらが高まって極まった最後のところで、「ある」って信じきることができなかったもの。信じることを自分に許さなかったもの。

そんなものをいま、いまここにいる自分の中に確認する。

そんな旅のターンに来ているのかもしれない。

 

物語は続いていく。

 

 

愛おしい人たちがいて、目の前で起こるたくさんのことに、けたけたたくさん笑ったりプンスカ怒ったりする愉快な日常。

幸せなはずなのに、ふとしたときに涙が尽きることなく落ち続けるのは何故なんだろう。

 

愛にまっすぐ向かいたいと信じる人たちの言葉を読むと、泣いてしまうのは何故なんだろう。

 

私の心は、ちゃんといまもここにある。

誰かを想って、ここにいる。

 

(わかりにくい文章でごめんなさい。
これは、私のためだけに書いています。)