読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

思春期?

‪思春期(?)に突入しつつあるみずきさん。‬

‪やりたいことと、やりたくないことの狭間で揺れて混乱している彼女に、「ねえ、もっと何か話してほしい」と半ベソで昨日、言われた。‬

 

‪わたしは、このピュアなハートの持ち主たちと毎日一緒に居るおかげで、なにかと考えさせられるなあと思う。

彼女たちに感情が波たてられてつい荒ぶるに任せてしまうときもあるんだけど、ほんとうは、彼女たちに浸透していくであろう言葉たちを慎重に使いたい。


‪ゆっくり話しながら、自分のお腹のところからの言葉を探す。‬

 

‪『「理由がないと、意味がないと、やりたくない」‬
‪これは、よくわかる。 ‬

‪やりたくないことは、ほんとうに、無理してやらなくていいと思う。‬

‪でももし、‬‪「理由がなくても、意味なんてなくても、損をするかもしれなくても、やりたい」

こういうことが、もしあなたの世界にあるのなら、これってもしかして、すごいことなのかもしれない。』‬

 

‪そう話したら、みずきさんは涙を一筋頰に光らせたまま、静かに空を見つめていた。‬


‪「こんなことやったってなにも意味がない。」‬

 

‪問う前にはそう叫んでいたことを、もう一度やってみることにしたと話して、行動を起こした。‬

 

 

‪---‬


‪【解説】‬
‪※解説とかあまり好きじゃないんですが、出来事自体はわりと深刻じゃないのに、上記が深刻な感じになってしまったので書きたい。ので書きます。

 

---

‪具体的なみずきさんの声を、時系列で追っていきますと…‬

 ---

 

‪朝起きていきなり‬
‪「プールに入りたい!市民プール行きたい!」‬

  ↓

その場にいたすずとえりかちゃん、

「一緒に行く!」

ということになり盛り上がる。

‪ ↓‬
‪みずきさん、ひとりでちょっと考えてから、‬
‪「いや、やっぱり、多分水に入ってさっぱりしたいだけだから家のお風呂でいいわ。外寒そうだし。」‬
‪ ↓‬
‪私「えっ。最初のプール入りたいって気持ちがほんものなんじゃないの?風呂じゃ満足できなくない?すずとえりかちゃんも一緒に行くんだし、行ったら絶対楽しいから行っておいでよ!」‬
‪ ↓‬
‪み「絶対なんてないよ、ママにわたしの心がわかるの?(このあたりが一番思春期ぽい)寒い中出かけて、プールなんか意味ないよ!家の風呂で満足できる!」‬
‪ ↓‬

すずとえりかちゃんはプールへと旅立つ
‪  ↓‬

‪みずきさん、ひとり風呂入る

  ↓
(みずきさん、思う)

‪「風呂、ちいさっ…!」‬
‪「もっと広いプールの方がまじでいいかも…」‬
‪「でもこんなに外寒いのにわざわざ電車乗ってプールまで出かけるとかどうなの」‬
‪「あれそもそもなにがしたいんだっけ?!(混乱!)」‬

 

 

という流れでした。

 

わたしと話をして、‪落ち着いたのか、最終的には「いってきまーす!」と清々しい顔で、すずとえりかちゃんを追って市民プールへと旅立っていった。

 

意味とか効率とか、求めたくなるよね…。

てか自分を曲げずに、一回風呂に入ってみて、ほんとよかったよね…。

きづいちゃったよね、風呂、小さいよね…。

プール入りたい欲がどうこうなるスケールじゃないよね…。

 

 

---


以下は最高に余談になりますが、‪すこし気になったこと。彼女の、悩む内容というか、悩み方がさ。‬

 

‪わ た し に 似 て き た 気  が す  る  … !😱‬

(もしくはわたしが思春期を脱していないのか?!)

ほんとうにこれ、やりたいんだっけ?とか、わたしもよく言ってる気がする…!

‪おまいが!‬

 

瞬発力!瞬発力!

わー!笑

 

٩( ᐛ )و