On the way always

日々の記録と、思うこと徒然。自分のために綴ってます。

無題

静かなあおそらの日。

 

洗濯物が風に揺られている。

 

ただそれだけで、それを見るだけで、

深い幸せを感じることがある。

 

色あせて消えていくものと、
色あせてなお美しさを増していくもの。

 

どちらがほんもので、
どちらがにせもの、とか、
多分ない。

 

わたしがすきなのは、
この感じ。

ただ、洗濯物が風に揺られている。

 

この静けさ。
やわらかい光。
風にのった、海からの香り。

 

f:id:Naima_c:20161018191712j:image